介護資格取得



介護資格の学校

 

 

介護資格を取得することが出来る学校は、全国にたくさんあります。介護専門学校や介護福祉大学など、どのような資格を取得したいかによって、いろいろな選択が出来るでしょう。

 

 

介護大学の介護福祉科では、高齢者や障害者の支援するための基本的な知識や、からだの仕組みや心理学、カウンセリングなど介護の現場で必要となる知識を細かく学ぶことが出来ます。

 

 

介護実技は、少人数で実際の介護福祉士を交えて行われるため、さまざまな疑問を解決しながら丁寧な指導を受けることが出来ます。また、卒業と共に、介護福祉士の資格を試験免除で取得することが可能です。

 

 

他にも、福祉の現場で役立てることが出来る社会福祉主事併用資格や福祉レクレーションワーカーなどの資格も取得することが出来ます。

 

 

介護専門学校では、ホームヘルパーの資格やケアマネージャー介護福祉士などの受験対策を行うことが出来ます。ホームヘルパーの1級は実務経験がなければ取得することが出来ませんが、2級3級は経験がなくても取得できる介護資格です。

 

 

介護専門学校では、ホームヘルパー2級の資格取得を目指して勉強が行われます。ホームヘルパー2級を取得することで、介護業務をすべて行うことが出来るようになるので、就職や職場で役立てることが出来ます。介護の仕事をしたいと希望している方は、専門の学校で知識を学び資格を取得することをおすすめします。