介護資格取得



介護の国家資格

 

 

介護の国家資格は、国家機関による試験を受け、知識や技術水準が一定の規定を達していることを国が認定している資格です。介護の国家資格は、専門的な知識や業務経験などが要求されることが多く、いろいろな介護資格が存在しています。

 

 

介護の現場で必要とされる国家資格は、社会福祉士、介護福祉士などがあります。社会福祉士の国家資格は、高齢者や障害者のさまざまな相談に応じる仕事で、専門的な知識や指導、援助などを行っています。社会福祉振興試験センターが実施する試験に合格する必要があり、法律で定められた受験資格が必要になります。直接介護する仕事とは違い、精神や環境面のバックアップを行う仕事が主な業務になります。

 

 

介護福祉士の国家資格は、介護の専門的な知識や技術的な指導を行うことが出来る資格で、介護保険の施行に伴って活躍の場が広がっている資格です。介護福祉士の資格がなければ、介護の仕事が出来ないというわけではないですが、高齢者や障害者の入浴や食事、排泄などの介護の他、介護者に対しての介護指導や助言を行うことが出来るため、介護の現場で必要とされている資格です。

 

 

介護福祉士の資格は、国家試験で取得する方法と、指定の養成施設で必要科目を履修して習得する方法があります。養成施設で習得する場合は、国家試験は免除されています。