介護資格取得



介護保険事務の資格

 

 

介護保険事務の仕事は、介護保険が適用されている老人保健施設や在宅介護サービス事業所などで事務業務を行います。介護保険事務の資格は、国家試験などはなく、民間の団体が認定する講座を修了することで取得することが出来ます。資格を取得できる団体は数多くありますが、どこの講座を受講しても基本的なスキルにあまり違いはないようです。

 

 

介護保険事務の受講資格は特にないので、年齢や経験に関係なく誰でも取得することが出来ます。介護保険事務の資格を取得するための講座では、介護保険事務の概要、介護報酬請求やケアプラン実施のサポート、施設における接遇対応業務などを学び、実技ではレセプト作成を行います。

 

 

介護保険事務の資格は、通学制と通信制で取得することが可能で、通常は10ヵ月かけて介護や医療事務の知識をしっかり学びますが、短期講座では3日で習得することが出来ます。介護保険事務の資格を取得するための受講費用は、4万円程度で介護保険に関する講義や実務演習の費用も含まれていることが多いようです。

 

 

介護保険事務は民間の資格なので、行っているスクールによって資格内容が異なり、複数の関係資格が存在しています。介護保険事務の資格を取得したいと考えている方は、各スクールの資料を取り寄せ、自分のライフスタイルに合った方法で学習していきましょう。