介護資格取得



ホームヘルパー2級の介護資格

 

 

ホームヘルパーの仕事は、福祉施設や訪問介護、ボランティアなどで介護や援助を行います。ホームヘルパーは2つのタイプがあり、介護保険制度でのホームヘルパーと障害者支援費制度でのホームヘルパーで、高齢者のお世話をする介護保険制度でのホームヘルパーの仕事が一般的です。介護に必要な知識や技術が必要となるため、ホームヘルパーの資格を取得することが大切です。

 

 

ホームヘルパーの資格は、1級から3級まであり、登録ヘルパーやパートなどの短時間のヘルパーの場合は、3級程度の知識で問題ありませんが、介護全般の仕事をこなすことは出来ません。施設ヘルパーや在宅ヘルパーなどの仕事をしたい方は、ホームヘルパー2級の取得をおすすめします。ホームヘルパーは国家資格ではなく、厚生労働省が認定している講習で研修をし、終了すると認定資格がもらえるため、比較的簡単に資格を取得することが出来ます。

 

 

福祉の現場では、ホームヘルパー2級以上の資格を要求されることがほとんどなので、専門学校や介護事業者が受講している講座を受けて取得しましょう。ホームヘルパー2級の資格は、介護の基礎知識を学び、介護に必要な技術や実技で介護する人介護される人のどちらも体験することで相手の立場にたった介護をすることが出来るようになります。その後現場実習を行い、実際の介護の現場でのコミュニケーションのとり方などを学びます。