介護資格取得



ホームヘルパー1級の介護資格

 

 

介護の現場で活躍しているホームヘルパー1級の仕事は、ホームヘルパー2級よりも実践的な内容で、主任ヘルパーなどに求められる資格です。ホームヘルパー1級の受験資格は、ホームヘルパー2級を持ち現場での実務経験が1年以上あることが条件になっています。介護福祉士などの国家資格とは違って、厚生労働省の認定する講習を受けることで取得できるため、短い期間で手軽に取得しやすい資格と言えます。

 

 

ホームヘルパー1級の資格を取得すると、仕事内容はホームヘルパー2級とほとんど変わりはありませんが、就職や転職の際に正社員として雇用されやすく、実務経験がなくてもホームヘルパーを指導する仕事をすることが出来るようになります。

 

 

ホームヘルパー1級の講座では、社会保険制度や老人福祉制度やサービス、痴ほう症や障害を持つ高齢者の介護方法、ホームヘルプサービスの運営方式などを学びます。また医学の基礎知識や心理学的な援助方法などを学び、介護の現場に役立てる知識を資格として取得出来ます。

 

 

ホームヘルパー1級の資格をとるには、230時間の講習を受ける必要があります。費用は介護専門学校などのよって異なりますが、18万~19万円程度かかるようです。ホームヘルパー1級の資格を取得して、病院や介護の現場で主任ヘルパーとして活躍してみてはいかがでしょうか。