年々高年齢化する現代、介護について考えなければならないことが多くなっています。介護にかかわる現場では、人手が足りず資格を持った人材を多く望んでいます。

介護の現場で働くために必要な資格にはどのようなものがあるのか知っていますか。介護資格の種類によって、介護の仕事内容や給料に違いがあるようで、実務経験を積んでから受験資格を得られるものなどもあります。

介護資格には、ホームヘルパー、介護福祉士、社会福祉士、ケアマネージャー、主任ケアマネージャー、介護食士、福祉住環境コーディネーターなど多くの種類があります。介護の資格として最初に思い浮かべるのは、ホームヘルパーでしょう。ホームヘルパーの資格は、訪問介護を行うための資格で、1級から3級まであります。国家資格ではなく、各都道府県知事の指定する介護養成研修を修了すると資格を得ることが出来ます。級によって行える仕事内容が異なり、パートや登録ヘルパーとして働く場合は、3級程度の資格があれば問題はありません。

介護福祉士の資格は、入浴、排泄、食事などの介護や介護者に対しての指導などを行うことが出来ます。介護福祉士の資格を取得するには、専門の大学や養成校で勉強し卒業する際に、無試験で資格を取得することが出来ます。しかし、それ以外で取得する場合は、国家資格なので筆記試験と実技試験を行う必要があります。



このサイトを購読する